太陽光発電のしくみ

太陽光発電(ソラー発電)の主役は太陽光モジュールです。
太陽光モジュールとは住宅の屋根などに設置する、「太陽電池パネル」のことです
このほかにも接続箱等の太陽光発電には必要な装置があり、それらすべてを含めてを太陽光発電システムといいます。
電力会社から供給される通常の電力は、「交流」ですが、太陽電池モジュールで発電した電力は「直流」であるため、そのまま家電製品などに使用することができません。
そこで、「直流」の電流を「交流」の電力に変換させるパワーコンディショナーが必要となります。
そして太陽光発電システムには、他に発電量や使用電力量を測るメータ-などが必要です。
system_point.gif
system-1.jpg

        設置
        屋根形状 切妻 寄棟 陸屋根
*屋根材や下地状況によって取付不可の場合があります。

平成24年7月より「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」がスタートしました。
上記の制度により売電開始日より10年間は42円/kwで売電金額が固定されます。
eko.gif
amari.jpg

setsuyaku.gif
太陽光で発電した電力を利用することで、火力発電の原料である石油資源を節約できます。
一般家庭(住宅用3.8kWシステム)の場合、年間約1055L(=灯油缶59本分)の節約が可能です。

sekiyu.jpg
毎年、1055Lの石油資源を節約しているのと同じ効果!
※上記の環境貢献数値は太陽光発電協会(JPEA)発行の「表示に関する業界自主ルール」に基づき計算したものです。

ページトップへ